2007年4月11日水曜日

区長選挙公開討論会

文京区区長選挙の立候補予定者を集めた公開討論会を傍聴しました。財政、経済振興、少子化対策、高齢化問題、防災、教育と、様々なテーマについて議論が交わされました。
ただ、私はもっと丁々発止の議論を期待していました。区民に印象の悪い主張は避けて、一般論化してかわす発言があったのは残念です。確かに、○か×かで政策を判定するのは分かりやすけれども危険です。しかし、区民に明確な政策の選択肢を提示しないと、選挙を行う意味がありません。
本来であればインターネットも活用して、マニフェストの比較検討が行えるようにすべきですが、現在の公選法とその解釈のもとでは難しい状況です。


ちなみに、私からの独断による各候補へのアドバイスは・・・
A候補:
区政の独善と独断を批判しながら、自分自身が独善的になっていないか、もう一度見直してみましょう。
B候補:
もう一度勉強して出直しましょう。
C候補:
他人の意見に賛成するばかりでなく、「自分ならこうする」という主張を鮮明にしましょう。
D候補:
手堅くまとめましたが、区長になっても“調整型”で行くのでしょうか?区民に分かり易く政策を提示しましょう。
名前は出しませんが、ご本人なら分かると思います。