2018年6月23日土曜日

沖縄慰霊の日〜歴史に残る詩の朗読

今日6月23日は沖縄慰霊の日です。NHKの中継を視聴していて、相良倫子さんの詩「生きる」の朗読が魂に響きました。

沖縄は戦時中も戦後も、一貫してひどい立場に置かれていると私は考えていますが、残念ながらそれを正そうとする流れはマジョリティーを得られていません。

民主主義は多数決の原則ですから、誰かが“ババ”を引いたら、いつまでも “ババ”を持っているしかないことになります。(一応、憲法第95条にはそれを防ぐ仕掛けがありますが、行政の決定などには適用がありません)

年中行事のように繰り返される沖縄慰霊の日。私はいつの間にか、「なんだかんだ言っても現状は変わらない」と諦めていました。

いや、これからも簡単には変わらないでしょう。でも、相良倫子さんの声を聞いて、彼女の世代の人たちが私よりももっと賢い選択をして、沖縄を含めた日本のみんなが幸せに、そして平和に暮らせる日がいつか必ずくることを信じたいと思います。

2018年2月27日火曜日

そだねー

ちなみに、今回の冬季オリンピック・カーリング女子で話題になったのは「そだねー」と「もぐもぐタイム」です。

私にとっては普通のことだったので、逆に新鮮でした。

カーリングをテレビのコンテンツとして成立させたのは、間違いなく選手にピンマイクを付けるというアイデアです。誰が最初に考えたのでしょう・・・。

「そだねー」「うーん」「じゃ10後半で♡」

こういう会話を聞きながら、臨場感を持って視聴できるわけです。

2018年2月26日月曜日

LS北見の銅メダル

2018年平昌冬季オリンピックで、カーリング女子LS北見が銅メダルを獲得しました。疑いようのない快挙です。

チームを立ち上げて8年でこの結果を残すのは素晴らしい。

同時に、見えない努力に最大限の敬意を表したいと思います。

LS北見が強いなぁと感じたのは、我慢比べの試合になっても引けを取らなかった点です。準決勝の韓国戦で、第1エンドの3失点から同点に追いついて惜敗したことや、3位決定戦でディフェンシブに戦ったイギリスとの接戦を制した点に見られます。

金メダルのスウェーデンや、銀メダルの韓国に日本は予選で勝っている点から考えても、金メダルに迫る活躍だったと言えるでしょう。

ただ、今後のことを考えると反省点もあります。今回のオリンピックのキーパーソンはセカンドの鈴木夕湖選手でした。鈴木選手のスィーピングは定評がありますが、ショットには苦しむ場面がありました。
鈴木選手の出来が試合を左右した一つの要素になっています。逆に言えば、安定したショットを投げられるようになれば、もっと上位を狙えるということです。

オリンピックは4年に1回ですが、カーリング競技は毎シーズン行われています。これからもこの競技を日本に定着させる意味でも、裾野の広がりとレベルアップを期待したいと思います。

そのためにも、中部電力や富士急をはじめとするライバルチームにもぜひ頑張って欲しいところです。LS北見の1強では日本のレベルが上がりません。

ところで、オリンピックとは関係ありませんが、同じ時期にシリアの内戦でたくさんの子供達が命を落としています。
「平和の祭典」の影で、悲劇的な状況におかれている人がいることを決して忘れてはいけないと改めて思いました。

2018年1月1日月曜日