2011年10月6日木曜日

Steven Jobsの死去

私が最初に買ったPCは、残念ながらApple製ではありませんでした。当時は価格が高くて、学生には買えなかったのです。

最初に買ったときは、社会人になっていました。その後、何回も買い替えてきましたが、その最初のMacintosh SE/30は手放さずに持っています。いまでは起動しなくなりましたが、修理方法は分かっています。いつか・・・。

今朝、目覚めると「Steven Jobs氏が死去した」というニュースが入っていました。CEOを退いたばかりだったので、「そんなに悪かったのか」という印象でした。

Macintosh SE/30やMacintosh IIの頃は、Apple(当時はApple Computer)から何が出てくるか、毎回楽しみでした。Jobsの復帰後も、iMac、Cube、G3、G4/G5、Intel Macと、高性能のPCが次々と出てきましたし、NeXTの技術を継承したMacOS Xも順調に進化しています。

そして、Appleの地位を決定づけたのは、iTMS(その後のiTunes Store)とiPhoneの登場です。でも私は、この裏で葬り去られたNewton MessagePadの存在が忘れられません。Jobsによって葬られたコンセプトは、Jobsによって生き返ったと言えなくもありません。

おそらく、Newton MessagePadの敗因はハードウェアを売ろうとしたこと。iPodの成功は、iPodを使うライフスタイルを売ろうとしたこと。


ちなみに、Newton MessagePad 110をまだ持っています。こちらは、ちゃんと起動します。

JobsがいないAppleは、これからどうなるのでしょうか。もう数年前から、Appleは普通の会社になっています。普通の会社なんだけど、Jobsのお陰で神秘性と物語をまとって、躍進できたという側面もあると思うのです。

私は、いまも昔もMacユーザーですから、これからのAppleの進路に大いに興味があります。