2007年6月3日日曜日

水星の観測好機

いま、夕方の空に水星、金星、土星が並んで輝いています。特に水星は、太陽に近いために見る機会が余りありません。地動説を唱えたコペルニクスは1回も見たことがなかったと伝えられています。
梅雨入り前の1週間が見頃です。


左上の明るい星は金星。画面下に水星が写っているが、この写真では判別が難しい。