2012年5月11日金曜日

日本で最初に作られたプラネタリウム

日本で最初に作られたプラネタリウムは、高知県で1950年に「南国高知産業大博覧会」で公開されたピンホール式のものだ、という事実は知っていましたが、詳細が全く不明でした。

彗星や小惑星の観測で有名な高知市の関勉氏のブログでも紹介されているのですが、開発者のお名前がなぜかイニシャルになっているし・・・。

で、たまたま高知に行って、ぶらっと市内の書店に立ち寄ったところ、「土佐天文散歩」(岡村啓一郎)という本を見つけました。この中の「高知のプラネタリウム」に詳しい事情が語られています。

現時点(2012年現在)では、47都道府県の中で常設のプラネタリウム館が無いのは高知県だけです。

しかしいよいよ、高知にもプラネタリウム館ができそうです。