2013年1月1日火曜日

天皇杯決勝〜柏レイソル優勝

今日、2013年の元旦、例年通り国立競技場で天皇杯決勝を観戦しました。今年は鹿島アントラーズが準決勝で敗れたため、私は“冷静な”観戦者です。

前半の立ち上がりから、ガンバの短いパスを廻して攻撃を仕掛けるパターンが功を奏して、レイソルは受け身一方になります。ガンバの先制か、と思われたシュートはオフサイドの判定でレイソルは命拾いします。一方、レイソルは少ないチャンスでカウンターを仕掛け、奪ったコーナーキックからのシュートを決めて先制に成功します。このゴール以降、ガンバはリズムを作れなくなり、逆にレイソルは前線からの激しいプレスと、ボールを奪った後のカウンターという流れを定着させました。
後半もこの流れは変わらず、ガンバは横パスばかりで前線にボールを供給できなくなりました。やはり足下へのパスだけではレイソルを崩すのは難しく、レイソルの思うつぼという展開です。ガンバの選手交替も実を結ばず、G大阪 0-1 柏 という結果になりました。

J2に落ちたガンバが意地を見せるか、残り1枠のACL出場をかけた柏かという勝負でしたが、柏に軍配です。

ところで、昨年はナビスコカップ優勝を果たしたものの、リーグ戦ではふがいない成績となった鹿島ですが、今期はゼロからの再スタートを切ってほしいものです。まずは新しい監督を迎え、地道なチーム作りが必要です。