2006年3月13日月曜日

セルフ・リペアー

突然アイロンが壊れました。サーモスタットが壊れたらしく、温度がどんどん上昇して、フューズが切れたようです。修理、と言っても2,500円くらいの品物。ヘタをすると修理代の方が高くつく可能性もあります。メーカーに電話して、「自分で直すから部品を売ってくれないか」と言ったところ、売ってくれるとの事。自分で直すと保証できないとか、いろいろ言われるかと思っていたのですが、スムーズに事が運んで満足です。

一昔前の使い捨ての発想から、直せる物は直して使う、という考え方にメーカーも切り替わりつつあるのは好ましい事です。そういえば、アップル・コンピューターも一部の部品についてはセルフ・リペアーを認めています。
逆に、頑だったのがデル・コンピュータ。「自分で直しても動作を保証できない」の一点張りで、取りつく島も無いという感じでした。(壊れたのはノートPCのキーボード。単純な交換で済むはずです)
これから生き残る企業と消えて行く企業の違いって、こういう所にあるのかも知れません。