2006年2月15日水曜日

Spitz社買収

業界の人でないとほとんど知らないと思いますが、アメリカの大手プラネタリウムメーカーにSpitzという会社があります。世界4大メーカーの一つとして知られていて、60年の歴史を誇りますが、今月同じくアメリカのEvans and Sutherland社(E&S社)に買収されるという発表がありました。E&S社は軍事シミュレーションの会社で、CGを使った戦闘訓練のシステム等を作っています。その技術を転用して、CGによるプラネタリウムを作るメーカーとしても業界では有名でした。
現在、アメリカではいわゆるデジタルプラネタリウム(CGで生成した映像をビデオプロジェクターで投影する方式)が流行していて、日本でも続々と設置されています。昔ながらの恒星原板を通した星像をドームに映して鑑賞する時代が移りつつあるという現象を象徴するニュースだと思いました。

PS
プラネタリウム4大メーカーは、

五藤光学研究所(日本)
コニカミノルタプラネタリウム(日本)
ツァイス(ドイツ)
スピッツ(アメリカ)

です。

全天周映像ブーム?(過去ログ)
http://cgi36.plala.or.jp/super_yo/imgdiary300/diary/bn2005_09.html